So-net無料ブログ作成
検索選択

B型肝炎訴訟、福岡でも国側が和解協議入り表明(読売新聞)

 乳幼児期の集団予防接種での注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者や遺族が国に損害賠償を求めているB型肝炎九州訴訟の進行協議が17日、福岡地裁(西井和徒裁判長)であった。

 国側は今年3月に出された和解勧告を受けて、和解協議入りを表明した。具体的な救済策は示さなかった。

 B型肝炎訴訟は全国10地裁で420人が審理中となっており、和解協議入りは14日の札幌地裁に次いで全国2例目。福岡地裁で審理中の九州訴訟には、全国最多の133人が提訴している。

 福岡地裁での和解に関する次回協議は7月12日に設定され、原告弁護団によると、国側はこの場で集団予防接種による感染者の認定基準などを示すとしたという。

シベリア抑留者に給付金=最高150万円−政府・与党合意(時事通信)
<スーツケース遺体>飯沼容疑者を起訴…金沢地検(毎日新聞)
40代自殺の増加幅最大=20〜30代は過去最悪−12年連続3万人超・警察庁(時事通信)
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益(医療介護CBニュース)
夕張メロン 初競り 夏の味覚に2玉150万円 (毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。