So-net無料ブログ作成

妊婦健診、全市区町村で公費負担「望ましい」回数(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が「1人当たり14回程度の公費負担が望ましい」としている妊婦健康診査について、4月1日現在で全1750市区町村が14回以上の公費負担を実施していることが、同省の調査で分かった。昨年は1800市区町村のうち25市区町村が14回未満で、最も少ない市区町村では3回だった。

 妊婦健診をめぐっては、厚労省が2008年度第2次補正予算で「妊婦健康診査臨時特例交付金」を創設。昨年2月の事務連絡などで標準的な検査項目とスケジュールを示した上で、これに沿って健診を受けると13-14回の受診になることから、「14回程度の公費負担が望ましい」としている。

 調査結果によると、公費負担14回が1679市区町村、15回が52市区町村、16回が4市区町村、19回が1市区町村で、無制限も14市区町村あった。無制限の市区町村を除く平均回数は14.04回で、昨年から0.08回の増加。1人当たり公費負担額の全国平均は9万948円で、5189円増えた。

 検査項目が書いてある「受診券」を交付しているのは1450市区町村。このうち厚労省が示す標準的な検査項目のすべてを実施している市区町村は52.8%で、昨年から10.8ポイント改善した。
 実施していない検査項目は、「血液検査の一部」36.0%、「超音波検査(4回)」24.0%、「子宮頸がん検診」23.2%などだった。


【関連記事】
子育て支援、まず妊娠・出産の環境整備を−東京都
「妊娠と薬情報センター」回答件数が千件を突破
妊娠のリスク知ってほしい―現役産婦人科医が11か条の心得
「妊婦健診・小児医療費の助成拡大を」シンポ開催
「産科危機的出血」でSI応用した対応GL発表―麻酔科学会など

菅首相提案の財政健全化協議、野党は否定的(産経新聞)
昨年の山の事故 死者・行方不明者は過去最多の317人(産経新聞)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
<口蹄疫>戸別所得補償の特例措置検討へ 篠原副農相(毎日新聞)
小林議員の資金管理統括に有罪判決…北教組事件(読売新聞)

【くらしナビ】お掃除ロボ「ルンバ」大人気 時間や手間も“片付く”(産経新聞)

 「エコ」と「少子化」をキーワードに今、ブームを巻き起こしている家電がある。お掃除ロボット「ルンバ」だ。8年前に米国で生まれ、日本にも広まったが、消費電力の少なさと、少子化による労働力不足、共働き夫婦の時間有効活用というニーズにピタリとはまり、家電量販店でも専用のコーナーを設けているところもある。(小林忍)

                   ◇

 ◆少ない消費電力

 何はともあれ、家電量販店・ビックカメラ有楽町店に行ってみた。まとめ買いカウンター・山藤順一アドバイザーに聞くと、「皆さん名指しでお求めになります。テレビや雑誌を見て、どんなものか試してみたいといらっしゃいます。旅行などで留守がちな方、忙しい方、時間を有効に使いたいという方が多いですね」。

 話題の主が、お掃除ロボット、「ルンバ」だ。国籍は米国。アイロボット社製。直径34センチの円形で、高さ、というか厚さは9・2センチ。重さは約3・7キロの紛れもない電気掃除機だ。だから電気掃除機売り場に置かれている。ただしコードはない。充電式だ。

 スイッチを入れると、部屋中を所狭しと隅々まで動き回る。何かにぶつかると方向を変え、“獲物”であるゴミ、毛髪、ペットの毛を求めて徹底的にかき出し、吸い取ってしまう。もちろん10センチ以上ならソファの下にも潜り込むし、2センチ以内なら障害物も楽々乗り越えていく。おまけに階段はセンサーで察知してUターン。賢い。

 電池が切れそうになると突然、掃除を中断して、充電器の所に戻り、電気を補充する機種も。一回3時間の充電で1時間はたっぷり働いてくれる。

 「8年前に世に出、改良を重ねて世界でもう400万台が使われています。日本でも昨年実績は前年度比200パーセントという伸びです。消費電気料もルンバの充電電気料は1時間たった1円(一般の千ワット掃除機で約22円)ですからエコという点でも受けたのでしょう。ルンバをより効率的にお使い頂くために家を改築したという話も聞いております」と、アイロボット日本総代理店、セールス・オンデマンド株式会社の徳丸順一取締役。

 同社では「人工知能」を備えた“自動掃除機ルンバ”としているが、こうなると電化製品というよりロボットと言った方が正解?

 「はい、ロボットですね。状況を見て状況把握ができる、人工知能を持ち判断ができる、自力で駆動する。この三つを備えていればわれわれはロボットとみています」とは、社団法人日本ロボット工業会の濱田彰一技術部長。

 実はこの「ルンバ」、ペットのようにかわいい、という人もいるらしいが、爆弾処理や発掘調査、海洋調査など危険を伴う作業を行う実用作業ロボットのノウハウを満載する“スーパーマン”なのだ。

 ◆一人暮らしにも

 3機種の価格は4万8800〜7万9800円。『オールアバウト一人暮らしガイド』の河野真希さんはこう言う。「一人暮らしにとっても時間の節約、掃除の手間を省けるのは何よりうれしい。この価格ではなかなか手を出しにくいですが、時間をお金で買いたいほど忙しい人には良き助っ人になってくれると思いますね」

 一人暮らしの父の日のプレゼントにもよいのでは。

                   ◇

 ■ロボ市場、急成長へ

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が経済産業省と連携。今後成長が期待されるロボット産業の将来市場について推計を行い、この4月に発表したデータによると、少子高齢化による労働力の減少、作業負荷の増大で、平成47年には、7千億円程度(17年度実績)が9・7兆円に成長すると予測している。中でも医療・福祉分野等のサービス・ロボット(ルンバ等の掃除機も含まれる)が大きく成長すると見られている。

ビル解体工事現場で発砲=看板に弾痕、男2人逃走―東京・池袋(時事通信)
IT会社、近く強制捜査=ネット仮想空間の投資話―特定商取法違反容疑・埼玉県警(時事通信)
高齢者施設で暴行=傷害容疑、介護福祉士を逮捕―大阪府警(時事通信)
九州の動物園が口蹄疫対策強化 消毒強化、「餌やり」「ふれあい」自粛(J-CASTニュース)
10年版厚労白書、8月中に閣議に報告(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。